ページトップへ

Q&A

 

マイホームづくり、具体的にどんな風にイメージすれば成功しますか?

A.今、住んでいる家に対する不満を具体的に上げてはいかがでしょうか。「あれが欲しい、これがあるといいな」という点ももちろんですが、「ここが不便」「あそこの使い勝手が悪い」と考えていくと、失敗が減るのではないでしょうか。その上で、どんな家にしたいのか、家族みんなの要望を出し合うといいのではないでしょうか。また、子供の成長も考え、5年後・10年後の家族構成の変化も考えましょう。

施工エリアはどこまでですか?

A.高栄ホームでは、お引渡し後のメンテナンスを考えて、施工エリアを本社から車で約1時間圏内と限定させて頂いております。施工エリア外のお客様については、その都度ご相談という形になりますので、一度弊社までご連絡下さい。

土地を探す時の注意点を教えてください。

A.いつくかありますが、その物件が、周りの土地よりも特別に安い場合は要注意です。安い土地には何かしらの理由があります。買ってから浩司を始めるまで大きな費用が掛かったり、思っているサイズの家が建たなかったり、、、建物会社の方と一緒に探すのが一番安全かもしれません。

鉄骨のメリットとデメリットを教えて下さい。

A.鉄骨は他の建材より小さな断面積で、大きな力を支えられます。そのため柱間を大きくしたり、梁の高さを自由に変えることができます。しかし鉄骨は、現場で大規模な溶接作業ができないので、工場で作られた部材をボルト接合します。だから増改築にはあまりむきません。火災のときに弱くならないように耐火被覆や、結露でさびないように防サビ処理が必要です。また、コスト面でも高くなります。

道路が狭く、大型車など通れないと、建てられる家の種類が限られますか?

A.家を建てる場合、法律上必ず1面は幅員4m以上の通路に接していなくてはいけません。ただ、4mに満たない幅員でも、法的に可能なケースがあるので、自治体の建築指導課に問い合わせて下さい。尚、建設可能でも、道路幅員が狭いと、大型重機の搬入が困難だったり、材料の分割搬入が必要であったり、経費が通常より掛かる可能性があります。

システムキッチンの人工大理石の特徴を教えて下さい。

A.長所は、デザイン性に優れていて、高級感があります。短所は、耐熱温度が200℃前後の為、鍋敷きが必要です。(350℃まで耐熱の製品もあります)

頭金として、1,000万円用意でき、ローンは3,000万円組めそうです。これで、土地と建物で総額4,000万円の物件を探して大丈夫ですか?

A.住宅ローンを借りる場合、印紙代・事務手数料・ローン保証料・火災保険などの費用がかかります。ローン契約するとき、これらを一括して払わなければいけません。また、住宅は本体を建てた後も何かとお金がかかります。あとで慌てることのないよう、ギリギリの予算ではなく、余裕をもった資金設計を立てましょう。高栄ホームではお客様に合ったアドバイスをさせて頂きます。無料相談会をご活用ください。

無料相談会はこちらから

「地鎮祭」とはどういうものですか?

A.「地鎮祭」は、工事に先立ち土地の神を祝って敷地を清め、工事中の安全と建築物が何事もなく永くその場所に建っていられることを願うお祭りです。高栄ホームでは土地に神主さんをお呼びして行います。(儀式の方法は、地域の風俗習慣の差によって多少異なるようです)

「上棟式」ってどんな式ですか?

A.「上棟式」は建前(タテマエ)とも呼び、無事棟が上がったことに喜び感謝するものです。つまり、上棟式は「儀式」というよりも施主さまが職人さんをもてなす「お祝」と言えます。工事に関わった人が一同に会し、今後の工事の安全を祈願し、お互いの協力の下につくり上げていこうとする意思表示の会でもあります。

金利が1%変わると返済額がどのくらい変わるのか簡単に教えてください。

A.ローン返済額というのはもっとも気になるところだと思います。もし、借入金額が2500万円を35年で金利1.875%で借りた場合、これがたった、たった1%上がったら2.875%になり、その場合返済総額がなんと!!560万円近い差が出ます。金利1.875%の場合、35年返済で借入金額2500万円⇒34,112,850円⇒毎月の返済額81,221円金利2.875%の場合、35年返済で借入金額2500万円⇒39,680,760円⇒毎月の返済額94,478円 1%だけの金利アップで、月々だけでも13,257円差があります。(お子さんの塾の費用にもなりますよね) お金を借りるとき、金利は低いに越したことはありません。大切なお金です。しっかり考えなければいけませんね。ローンの事でなにか分からないことなどございましたら、お気軽にご相談ください。

実際に家を見ることはできますか?

A.高栄ホームではモデルハウスを公開しております!以下のリンクよりご希望の日程、建物をお選びください。また、定期的に完成見学会を行っておりますので、イベント情報もチェックしてみてください。また、フォトギャラリーでも施工事例を見ることができます。

モデルハウス情報はこちら

年収が少ないのですが、住宅ローンって、いくらまで借りられるのですか?

A.借入額上限については、ネットや本で調べるのも一つですが、お客様の借り入れ状況や職種、借入債の銀行、その他にも様々な条件によって大きく変わってきます。各銀行の特徴などについてもお答えさせていただきますので、是非無料相談会をご活用ください。

無料相談会のご予約はこちら

なぜ登記をしないといけないの?

A.日本では、不動産取引の安全性と円滑化を図るため、不動産の現況と権利関係を登記簿に記録することが必要です。不動産の現況を表示する表題部の登記(建物の種類、構造など)は、不動産を取得したら1ヶ月以内に登記をしなければならないと規定されています。登記をしない場合には、10万円以下の過料に処せられることがあります。不動産の権利関係を表示する権利部の登記(所有権など)は、登記するかしないかは任意でが、登記をしないと自分が所有者であることを、他の第三者に主張することができないことになります。よって、銀行の土地や建物を担保に、金融機関からの融資を受けることもできないということです。

調整区域には建築できないの?

A.原則としては、市街化調整区域は「市街化を抑制する区域」であり、農林漁業を営む人の住宅など一定の建築物を除き、一般の人が住宅を建てることはできません。2001年よりも前は、市街化調整区域でも、法整備前から住宅が建っていたような一定の要件を満たす建物であれば、増改築や建て直しが認められるケース「既存宅地」制度が適用されていましたが、都市計画法の法改正によって従前から住宅が建っていたような宅地でも、都市計画法第43条の許可を受けなければ新たに建築などができないことになっています。建築する為には個別の条件を満たす必要がありますので、市街化調整区域での建築を考えられている方は、弊社までお問合せ下さい。

セットバックとはなんですか?

A.家を建てる土地の前の道が、建築基準法に基づいた道路(4m幅)に満たない場合、土地の一部を道路として提供することで道路幅4mを確保することです。 土地を買うときによく見ると『要セットバック』や『セットバック要』と書かれている土地はこれにあたります。セットバックをすると当然建物の配置も変わってきますので、土地を購入する前に、建築会社さんへのご相談をオススメします。

無垢の床の家に住んでみての評判は?

A.「ついついスリッパを履かずに裸足で歩いてしまう。」と、触り心地の良さやその高級感に好評をいただいています。無垢材は、合板やタイルなどに比べ熱伝導率が低く、断熱性も高いため、冬場にヒヤッとした冷たさを感じにくいのも特徴です。自然素材を使用することで、アレルギーが心配な方にも安心してお使いいただけます。高栄ホームでは「光の楽家Natural仕様」「BinO」「FREEQ」が標準で無垢材をふんだんに使用している商品となります。

光の楽家に関してはこちら

BinOについてはこちらから

FREEQについてはこちらから

契約後、自分の家の工事中の現場を見ることはできますか?

A.はい。もちろん可能です。
ですが工事中は危険ですので、必ず営業担当に許可をとってから営業と共に現場にお入りください。
建築中の様子は現場レポートを更新していますので、コチラをご覧下さい。

現場レポートはこちら