〈資金について〉

Q.住宅ローンの事前審査ってなんですか?

A.住宅ローンを利用して家を購入する場合、資金計画をつくっても、実際にいくらぐらいの借入が出来るのかなど、不安なことはたくさんあると思います。その不安を無くすために、資金計画がまとまった段階で、住宅ローンの事前審査を銀行に提出します。この事前審査を行うことで、融資金額・融資内容を把握することができ、より具体的な資金計画がたてられます。

 

Q.年収が少ないのですが、住宅ローンって、いくらまで借りられるのですか?

A.借入額上限については、ネットや本で調べるのも一つですが、お客様の借り入れ状況や職種、借入債の銀行、その他にも様々な条件によって大きく変わってきます。各銀行の特徴などについてもお答えさせていただきますので、是非無料相談会をご活用ください。

無料相談会のご予約はこちら

 

Q.頭金として、1,000万円用意でき、ローンは3,000万円組めそうです。これで、土地と建物で総額4,000万円の物件を探して大丈夫ですか?

A.住宅ローンを借りる場合、印紙代・事務手数料・ローン保証料・火災保険などの費用がかかります。ローン契約するとき、これらを一括して払わなければいけません。また、住宅は本体を建てた後もエアコン、家具購入等何かとお金がかかります。あとで慌てることのないよう、ギリギリの予算ではなく、余裕をもった資金設計を立てましょう。高栄ホームではお客様に合ったアドバイスをさせて頂きます。無料相談会をご活用ください。

無料相談会はこちらから

 

Q.金利が1%変わると返済額がどのくらい変わるのか簡単に教えてください。

A.ローン返済額というのはもっとも気になるところだと思います。もし、借入金額が2500万円を35年で金利1.875%で借りた場合、これがたった1%上がったら2.875%になり、その場合返済総額がなんと!!560万円近い差が出ます。

金利1.875%の場合、35年返済で借入金額2500万円⇒34,112,850円⇒毎月の返済額81,221円金利2.875%の場合、35年返済で借入金額2500万円⇒39,680,760円⇒毎月の返済額94,478円 1%だけの金利アップで、月々だけでも13,257円差があります。

(お子さんの塾の費用にもなりますよね) お金を借りるとき、金利は低いに越したことはありません。大切なお金です。ローンの事でなにか分からないことなどございましたら、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ